鳥の家(とりのいえ)

鳥の巣をつむいで、飛んだり、鳴いたりする記録

仕事

修行はこれからだ

夏バテこわいよ~。1日1つしか仕事できない。あとはクーラーのきいた事務所で寝落ちしてしまう(笑)。

   ■   □

 先日20年ぶりくらいの友達と会いました。彼女は3児の母にして、専門職も20年やっています。子供を持つ人に会うと、最近よく「そうかー、子供のいる人生ってどんなんだったんかなー。子供持ってみたかったなー」と言ってしまいます。すると、「Yさんは海外行ったり、いろいろしてきたからすごいじゃない。誰でも何かを得ようとしたら、得られないものが出てくるものだよ…」と言われました。 

 すべてを得ているように見える人でも、そのためにあきらめたものや失ったものがあるんだろうな。その境地は彼女にしか分からないんだろうけど、失ったものが何かは聞く必要もない。人生を半分も過ぎれば、みんな同じような思いを抱えているんだろうから。

   □   ■

 成年後見という仕事をしています。私の成年後見しているおじいちゃんが病院での日帰り治療をするので、はじめての付き添いをしました。

 車いすに乗っても体は丸まったまま硬直して、口元は緩んで終始よだれが出てしまう。ベッドにいるときは表情も明るくてあどけない感じだけど、外出中はずっと緊張して目を見張っていました。大きな病院の待合のベッドに寝かされたおじいちゃんは、誰もそばにいなければ、ただの固い物体が転がっているだけのように見えました。

 タオルでよだれや鼻水をぬぐいながら、 その液体の湿り気に触れながら、老後というのは想像以上に大変な世界なんだと思いました。人生が修行だとするならば、実は修行はこれからが本番なのではないか、と思いました。

 そのおじいちゃんが治療を終えて介護タクシーで元の施設へ戻ると、笑顔の看護師さんたちが6,7人で「○○さん、おかえり~」と大合唱で出迎え、わーっと全員で抱きかかえて部屋まで運んで行きました(スロープとかエレベーターがない施設なので)。

 それを見て、私は本当に心が揺さぶられました。便や尿やよだれや食事や、すべての汚れた部分のお世話なしには生きていけない硬直した体の人に、丁寧に手をかけ、声をかけてくれるって、本当に尊い。「わー、天使を見た…」という感じでした。私はこんな人になれるのだろうか…。

   ■   □

 裁判所の調停委員という仕事を、秋からすることになりました。あまり力を入れていたわけではないけど、ここ1,2年で調停関係の研修を受けたり、講師になったりする機会がありました。時の流れに身を任せていると、船が勝手に「調停」という方向に向かって進み始めた、という感じ。

 面接の時「あなたは団体などでいろいろな役職をしていますが、これは自分から志願したものですか、それとも周りから依頼されたのですか」と聞かれました。ふーん、そういうところを見るんだ。がつがつした人はお断り、ということなのね(笑)。

 私が勉強している調停の仕事というのは、人と人の間に立って話を聞いて、お互いの気持ちが通うように対話の回路を修復する技術職です。「伝わらない言葉」を「伝わる言葉」へと、日本語の「翻訳」もするんです。面白いなーと思います。

 さ、修行、修行(笑)。

中年クライシス5秒前

 おわった…、か、確定申告の準備…。しんどかった…(ガクッ、死亡)。

 確定申告のための決算書はお仕事の通信簿なので、これがはっきりして初めて、将来の進路が見えてきます。

 センセイのところを飛び出して、センセイからの仕事が全部なくなり、自力で仕事を取るようになって1年半。ガンと落ち込んでいた売り上げも、やっと回復しました。ていうか脱サラ以来の自己ベスト記録じゃないかな?おおー。

 収入の3分の2は経費で引かれるから、結局は極貧生活だけれども(笑)。

 これからどうしよう。上向き(事業拡大)コースと横ばい(現状維持)コースを選べる立場になってしまった。

 ここで重要なのは、私の体力は今後も横ばいか、下降コースをたどるということ。精神力は…あまりお金儲けに燃えることができない…くやしい(笑)。

 こんなことを続けていていいのかな、とも思います。仕事の縁はますます増えて、私の恐れているしがらみに変わりつつあります。私はここで骨をうずめるのだろうか…。
現状に対して何か煮え切らないものがあるけど、体力もないし仕方ないか、という気持ち。

 しまった、心に空虚感が生まれてしまいそう。これが中年クライシスか(笑)。

   ■   □

中年クライシスって何だろう。正式にはミッドライフ・クライシスというようです。ちょっとコピペしてきました。

「子供から大人になる思春期に危機が訪れるのと同じように、人生の後半に到達するときにも危機が訪れます。人生の前半に無視してきた問題や義務や欲求が、この時期になって現れてくるのです」

「たとえば今まで価値があったものに対して価値を見いだせなくなったり、今までの生き方に関心を失い始める、といった形でこの危機はやってくるかもしれません。あるいは、突然、原因不明の身体的症状に悩まされるかもしれません。いずれにしろ、この時期に問題や症状が生じたら、それは新しい自己実現のための病だと考えられるのです。これに直面しないでいる限り、その問題なり症状なりに、悩まされ続けることになりますが、勇気を持って立ち向かい、これを乗り越えると、それは新しい可能性や創造性への飛躍につながります」

 よく「危機から逃げるな」「問題に対峙しろ」などと書いてありますが、私は思春期の頃どうやって問題を乗り越えたっけ。だいたい思春期の問題って何だったんだ。もう忘れちゃったよ~(笑)。

 あ、思いだした。「やりたいことが分からない」とか「やりたいことを仕事にできない(かもしれない)」とか。私は書くことを仕事にしたいのは分かっていて、運よく新聞社に入っちゃったので、かなり理想的な形でクライシスを脱したのでした。

 中年の危機は何だろう。「これが本当に自分のやりたいことだったのか」「まだやりたいことがあるけど、体力がなくて不安」とか。

 こうやって整理してみると、結局私は体力がなくて、将来が不安なんだなーと思います。

 ……また山登り始めようかな。春になったら。

現実からの逃走未遂

ああ~、いろいろなところから逃げ出したくなり、今週はかなり迷走しました。

1.「もう結婚するから、だれか紹介してください~」と口癖のように言い回った(仕事からの逃避)

 これは、「ふーん、いいよ」と言われたとたん、「すみません、やっぱり結婚しないんでいいです」とすぐ冷静に戻って撤回したので、事なきを得ました。ふー。 たまに1人で仕事をしていく意義を見失ってしまうと、もう逃げたいと思ってしまうのです。

2.お金が足りないのに、引っ越ししようとして不動産屋に契約申し込みをしてしまう(実家からの逃避)

 この前申し込んで断ったばかりなのに、気がつくとまた申し込みをしてしまった(笑)。

 きっとお金が足りないという現実にピンときていないんだろうな、自分。あと年間60万円くらい売り上げが上がったらいいので、仕事を頑張るのが先か、賃貸するのが先か、という問題。だらだら働いていると永遠に実家を出られないかもしれない、という焦りがあるんですよねー。だから家を出て、自分を追い詰めたいのだと思います。

 でも、年間60万円…。貯金あまりないし…。来年頑張るから、やっぱり引っ越しやめていいですか(笑)?

 あー、もう決めたぞ!明日断りに行ってきます。ブラックリストに載って、次から紹介してもらえないかも(笑)。

 あるいは実家暮らしが申し訳ないと思うのをやめて、もっと前向きな気持ちで同居してもいいのかもしれない。 気持ちをどう切り替えていけば、納得して前へ進めるのかな。

    □   ■

 うーん、だんだん考える余裕がなくなってきた。やっぱりすべて棚上げして、ひたすら働くことにします。ひたすら働けるというのも幸せなことなんだし。今の小さな事務所に感謝しつつ、元気な両親に感謝しつつ。

揺らぐ夜

鈴虫リンリン大合唱。

すっかり秋ですねえ。

夏が終わるまで忙しすぎて心が落ち着かなかったけど、このままずっと落ちていきたい。

ついでに部屋の掃除もしたい。

仕事したくない(←小さい声で)。

でも明日は1日講師仕事。

あー、だからブルーなんだな。

落ち着けない……。

不安定な夜なのです。

ほかのSNS系にもいっぱい書き込みなどしてしまう。

それは虚ろな気持ちを埋めるためかもしれない。

今日はもうお風呂入って寝ます。

おやすみなさい。

悩ましい夜

ふと、自営業をやめたらどうなるのだろう、と思いました。

 脱サラという言葉はあるけど、戻サラというのはないなあ。でも実際には戻サラした人は何人かいたなあ。

 と思って、自営業をやめたいと言う人の話をネットで見ていました。

 「夫は、儲けたいとか豊かな暮らしがしたいという気持ちがなく、商売に向かない人なんです」

 どきっ。

 「いくら腕があっても、営業ができなければ商売は行き詰りますよね。旦那さんは今まで頭を下げたことがないんでしょう」

 ずきっ。

 呼吸が乱れる。み、水をください…(笑)。

 そんな午後9時半、携帯が鳴りました。事務所からの転送電話でした。

 「あのー、留学生なんですけど、就職のことで相談したいことがあって…」

 消え入りそうな声。来週月曜に相談予約を入れると、少し声色が明るくなったようでした。

 こんな蒸し暑い夜は、いろいろみんな悩んでいるのかもしれません。

 とりあえず月曜までは、頑張ろう。

   □   □

 この人も悩みが深そうだ、とどこかで書こうと思ったのに、書きそびれたので蛇足として。
 http://rocketnews24.com/2011/06/29/108437/
 



最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
Profile
瀬戸内海沿いの町に住んでいます。世界中から私の町にやって来る人と、各地に飛んで行って生活している人たちが、自由に出入りできる「とりのいえ」をつくりました。

今はアドバルーンのように打ち上げているだけですが、いつか本物のとりのいえを作りたいなあ。

  • ライブドアブログ