鳥の家(とりのいえ)

鳥の巣をつむいで、飛んだり、鳴いたりする記録

2010年12月

野に咲く花のように

大掃除が終わり、クールダウン中。いろいろな人が1年を振り返り、いろいろ書いているのを読むと、私も触発されていろいろ考えてしまいました。掃除して頭もクリアになったのかも(笑)。

□   □

最近、花が咲いたように笑う人をみると、いいなあと思います。日常生活ではそれぞれ問題や苦労があるのだけれど、ふと緊張が緩んだときにうわっと溢れるように笑顔が出る人がいます。こういう笑顔って、どういう境地に立つと出るのかなと考えたんですが、きっと、自分がここで(又はこういう生き方で)生きていこうと決めたときに生まれるのではないかなと思います。

こうと決めたら、あとは踏ん張るだけ。踏ん張りどころも分かっているし、力の入れどころも緩めどころも分かるようになる。すると、踏ん張らなくてもいい瞬間には、人生を楽しめる余裕が生まれるのではないかと思うのです。

私の周りの世代にはまだ「これが私の生きる道~♪」と決められない人がいて、決められないがゆえにつらい思いをしている人も多いと思います。

それぞれの人がすでに決めた道は、必ずしも格好良かったり安定している訳じゃない。それでも、自分の道を自分の意思で踏みしめていこうと決めた時には、格好悪さも不安定さも自分で引き受けていこうとする覚悟が生まれます。そのとき、格好悪さは自分にとってもう格好悪いものではなくなるのだ、と思うのです。

この前、ブログ仲間の修子さんが「年を取ってどんどん出てくる『カッコ悪さ』に向き合っていくのもステキなことだ」と言っていて、本当にその通りだと思いました。私の生きる道も、どんどん格好悪くなるかもしれない。それでもそのつど修正しながら自分の意思で道を決めて歩いて、立ち止まったときには花のように笑える自分でいたいなと思います。

よく考えるとこれって、「野に咲く花のように」ですよね。

あなたまかせの年の暮れ

ノロウイルスに感染して2日間絶食状態となり、ただいま回復中です。最悪の状態のときは体の節々が痛み、腹痛と吐き気と悪寒で体の力は全く出せず、あなたまかせの年の暮れ、という感じ。人は1人では生きていけないに決まってるよなーと思いました。で、気がつけばもう仕事納めとなっていて、世の中は年末になっていました。

昨日の夜はネットでニューヨークのNPRラジオをかけっぱなしにして寝ました。向こうは雪が降っていて、渋滞のニュースや空港の情報などが流れています。それから年末のバーゲン消費額が去年より増えたというニュース。アメリカって消費マインドの回復が早いんだろうなー、きっと。ああ、心がトリップすることで現実の緊張感から解き放たれた気持ち。


□   □

今年1年を漢字1字で表すと、「転」だろうと思います。事務所を引っ越したあと仕事も何とかつながっているし、機を見てコロッと転がってよかった。

テレビを見ると世間では「迷」とか「忍」などの停滞気味な言葉を選んでいるようです。日本は全てが停滞している訳ではないのに、こういう陰気な雰囲気に毒されて後ろ向きな意見が大きな力を持ってくる。怖いなと思います。雰囲気に押されて現実を見失っていないか、冷静に見極めていたいと思います。

□   □

でもでも。よく考えるとこのブログも、今年の後半戦はちょっとローテンションで展開してますね。気持ちがローテンションだと、自分のことばかり書いてしまう。それが自分としてはつまらないんだけど、他に書けることがないし。

人生にはこんな期間も必要なんだろうけど、こらえ性がないもんで(笑)、つまらないなーと思います。もっと転がるか、ゴロゴロと。

□   □

あ、あとツイッタ―。あれは良かったのか悪かったのか。あれのおかげで仕事の薄い付き合いはやりやすくなりましたが(笑)、あればかりしていると、リアルの人間関係が薄くなるような気がします。つぶやいちゃうと、もうそれ以上次へ動こうと思わなくなる。伝えたい思いを抱えて誰かに会いに行く、という気持ちの高まりが、あれによって削がれるような。来年はさらに用心深く使っていこうと思います。

□   □

あ、夜が明けてしまった。では、これから朝のおかゆを食べてきます。

クリスマスの願い事

おはようございます。これから夜まで翻訳仕事のクリスマス。ブログに書けない時期が続いてつまらなかったけど、これからヒマになるはず。今日のテンションは低からず、高からず。

実はクリスマス前に、今年最初で最後のコンカツパーティーに行ってきたのに、なぜかソフトなお誘いを全部断って今週は静かに過ごしてしまいました。意味不明な自分の行為で相手に無用な期待を持たせてしまって申し訳ないなといつも思ってしまいます。

仕事とそれに関係する人を大切にして生きていきたい。私にとって、それが一番安定した生き方だと思っているからだろうなあ。そしてコンカツは、私の願いではなく親の願いかもしれない。そういえば最後は母が迎えに来てくれたな(笑)。親の思いと自分の思いが混濁しているときは、自分の気持ちがよく分からなくなります。

自分だけの揺らぎない夢があるとすれば、来年こそは実家を出て1人で暮らせるようになりたい。そして周りと緩やかにつながりながら生きていきたい。そのために今、一生懸命働きたい。

時々こうやって書いておかないと、何かに流されそうで怖くなることがあります。

□   □

フォローしとくと、パーティー自体は楽しかったです。パーティードレスを着られる数少ない機会だし、カクテルを何杯も飲んで、最初から正気ではなくなっていました。この手はなかなかお勧めです。顔が真っ赤になって他人にもバレバレですが(笑)。

□   □

昨日はまた中国人実習生の人への講習があったので、「お金のあるなしは別として、欲しいものは何?」と聞いたら、多かったのは車とノートパソコンでした。車は大体いくらなの?と聞くと普通車で10万元くらいとのこと。

「何年くらい働いたら買える?」
「…10年くらいかな」

そうか、大きい夢なんだなあ。ちなみに私は「家」と答えました。10年働いたら買えるかなあ。

多文化で愉快な…

ambivalent アンビバレント
(形)〔ある対象{たいしょう}に対して〕相反{あいはん}する感情{かんじょう}[思考{しこう}・価値{かち}]を持った、両面{りょうめん}感情{かんじょう}[価値{かち}]の

今日は女性グループで多文化交流パーティーを開きました。韓国、ブラジル、日本、ベトナム、アメリカのご当地料理&お菓子を手作りしてもらい、参加者100人ほどで食べ、さらにダンス&ゲーム&全員プレゼントもありました。司会は韓国人。中国人の方もスタッフとして協力してくれました。

その帰り際にアンケートをお願いし、私が回答をチェックしていたのですが、「ありがとう」「楽しかった」などと書かれた20枚ほどの感想の中に1枚、「中国、在日韓国・朝鮮人は日本から出ていけ」と書いたものがありました。

パーティー中もアンケート回収中も怪しい人はおらず、プレゼントもスタッフが全員に手渡ししたはず。誰が書いたのか見当がつきません。でも。

その人がアンケートに答えたということは、在日外国人の人たちの作った料理を食べ、一緒にゲームをし、プレゼントをもらい、つまり表面上は違和感なく3時間ものパーティーに最後までいて、いろいろな恩恵をしっかり受けたということです。

言動が食い違うとき、私は行動の方が正直だと判断するので、まあ最後まで満足してもらえて良かったと思っています。アンケートまでわざわざ答えるということは、何か感想を言いたかったんでしょうね。でも、普段の自分のメンツというか存在意義を捨てられなくて、ああいう感想になったのかなと思います。メンドクサイ人ではあるけど、こういう人も愛していくのが女性の(大人の?)役割かもしれない(ホント面倒だけど)!などと思った週末でした。

資本論

egg

 しんどい毎日はもうたくさん。目玉焼きのような杏仁豆腐を食べました。

岡山城

これは新年号の会報誌用に父が撮った写真のうちの1枚。これ以外にもいろいろ見て、ちょっと父は写真のセンスがあるかもしれない、と思いました。人はどこに才能があるか分からないなー。

□   □

今日は通訳の仕事をしている日系ブラジルの人と、4時間以上もしゃべっていました。日系ブラジル人は日本で稼いだお金で母国に土地や家を買い増して行き、それを人に貸して運用する、という資産の築き方をする人が結構いるらしい。その人もブラジルに農場を持つ地主です。

小作者から農業の収益が入るそうですが、農業は収入の増減が激しくて結局利益が少ないので、農業収入だけに頼るのは効率が悪いと考え、日本へ出稼ぎに来たのだとか。

日本で育った娘の将来はどうするの、と聞くと、その人は「日本語、ポルトガル語、英語を習得させて語学の仕事をさせたい」。なるほど、語学教師として働かせたいのかと思ったらそうではなくて、語学教師を雇って学校を経営する仕事をさせたいのだそうです(笑)。すごい資本家マインド。そしていつまでもサラリーマン気質が抜けない私(笑)。

□   □

実はそのブラジルの人には、通訳アルバイトとして来てもらっていました。つまり1日だけその人を雇っていたのです。ドキドキしながら(笑)。私はいつか、本当に脱サラして資本家になれるのでしょうか。ヒマになったら考えてみよう(笑)。
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
Profile
瀬戸内海沿いの町に住んでいます。世界中から私の町にやって来る人と、各地に飛んで行って生活している人たちが、自由に出入りできる「とりのいえ」をつくりました。

今はアドバルーンのように打ち上げているだけですが、いつか本物のとりのいえを作りたいなあ。

  • ライブドアブログ