鳥の家(とりのいえ)

鳥の巣をつむいで、飛んだり、鳴いたりする記録

2010年07月

食の記憶

事務所引っ越しプロジェクトがほぼ落ち着き、昨夜は白髪染めや爪切りにいそしんだおかげで、やっと人間らしい姿に戻ることができました。

nomiya 写真は「おばんさい 野の」という倉敷の隠れ家的な飲み屋さん。倉敷時代の元記者や取材先の人に5~10年ぶりに会ったのですが、この飲み屋のおかみさんも実は同年代に倉敷で働いていた元記者であることが判明。10年たつと、人生はここまでバラバラになるのか(笑)。








okonomi 今日は花火大会なのですが、祭りを避けて姉夫婦の家でお好み焼きを食べました。私はセロリ入りポテトサラダとゴーヤーチャンプルーを持参。父は缶ビール1個持参(自分用)。

大阪人の義兄によると、本格的な大阪風お好み焼きは、揚げ玉に「イカを揚げた揚げ玉」を使うのだとか。ふうん、と大量に残った揚げ玉の袋を見ているうちに、突然姉の記憶がよみがえりました。

「Y、昔2人で揚げ玉買いに行ったの覚えてる?」
「うんうん、家で天ぷらするときに出る揚げ玉をたくさん食べたくて、商店街の揚げ物屋へ買いに行ったねえ」

子ども2人で「大人買い」した揚げ玉はじっとり湿っていて大変まずく、一袋のほとんどを捨ててしまった、というオチ。子どもの大人買いって、ぜいたくな思い出だなあ。あ、ぜいたくじゃない(笑)?

□   □

47s あと、姉妹で大好きだったクリームソーダ飴も持参。外側がソーダ味、内側にクリームが入っているという憎いやつ。でもこの「クリームソーダ」の存在自体が、すでに現代の子どもには分かるまい。


目が点になる木曜

引っ越しと仕事の両立に挫折しそうです。目が点になる。でもあと3日くらいの我慢。明日は電話線を引きちぎって、淡々と荷物を片づけたい(笑)。

今日はパソコンを立ち上げようとしたら、キーボードが行方不明になっていました。自分にぶつけるしかない怒り。そして哀しみ。4畳半の事務所には倒れ込む隙間すらないので、仕方なく立ちあがって作業を続けます。

楽しかった買い物もだんだんストレスに。じっと手を見ると爪が伸びている。じっと鏡を見ると白髪を2本発見(白髪警報発令)。あ”ー!!

私はストレスに弱いと思います。だから、ストレスの高い仕事から足を洗い、ストレスの高い人づきあいを避け、やっと人間性を保っているようなもの。そんな私が、壊れていく…(笑)。

一方で、私が駅西口に引っ越したことを興味津津で見守ってくれる人たちもいます。観葉植物の鉢植えが届き、看板をプレゼントしてくれる人もいて、後には引けないなあと思います。

早く引っ越しとやりかけの仕事を終わらせて、アリエッティを見たいよー。

革命予告(岡山イベント情報)

わー、忙しいのになんでいろいろイベントがあるんだ!

9月23日(祝)、若手の人たちが岡山市北区表町で革命を起こすそうです。

革命事務担当者のブログから情報を入手してください。
http://csi-co.sblo.jp/article/39792139.html

ツイッタ―情報も
http://twitter.com/omoteche_guevar

今日のラジオから スウェーデン発

frida 最近ラジオから涼しい歌声が流れてきます。フリーダの「タワーズ」。歌詞もまだネット上に出てなくて、ウィキ情報もなし。唯一分かったのは、これだけ。

Frida Sundemo (born 1986) is a singer-songwriter from Sweden.





fridakahlo まゆげが印象的なんですけど、これって名前の同じ、フリーダ・カーロを意識してるのかな。











□   □

借り暮らしのアリエッティ、見に行きたいなあ。引っ越し整理の合間に、必ず行こう。日本中のちびっ子たちの目を盗んで、夜に行こう。

流れていく夕暮れ

引っ越しXデーは、当然のように猛暑でした。めまいがしそうな炎天下、軽トラの荷台にしがみつき、後ずさっていく風景を見送りつつ、新しい事務所へ。といっても旧事務所から15分ですけど(笑)。

sky

一番暑い日と一番寒い日には、自然が最も美しい風景を見せてくれます。青い空にくっきりと立ちあがっていく積乱雲。そしてダイナミックに形が流れていく夕暮れ。

今日は引っ越し先の商店街で土曜夜市。姪っ子の小学校では夏祭り。となりの街では倉敷天領祭り。私は静かに夕涼みをしています。

来週は引っ越し荷物の整理と、各種機器の接続、そして継続案件を無事に継続させていくことがお仕事。スローな気持ちを取り戻すために、せわしない日々を駆け抜けています。

駆け抜けているときは、他人に気を使う余裕がなく、多くの人を傷つけているんだろうと思います。正気に戻ると気持ちがちょっと沈むのは、そのせいかもしれません。
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
Profile
瀬戸内海沿いの町に住んでいます。世界中から私の町にやって来る人と、各地に飛んで行って生活している人たちが、自由に出入りできる「とりのいえ」をつくりました。

今はアドバルーンのように打ち上げているだけですが、いつか本物のとりのいえを作りたいなあ。

  • ライブドアブログ